レーシック 失敗Top >  嘘!?レーシックの本当の話 >  山ちゃんがレーシックを受けてましたが・・・

山ちゃんがレーシックを受けてましたが・・・

「カスペ! 『マリー・アントワネット〜女のウワサ〜』」という番組で南海キャン
ディーズの山ちゃんがレーシックの手術を受けていましたね。


・失明することは100%ない
・痛みはない
・手術時間はわずか10分
・手術直後からよく見える(個人差あり)


ということでレーシックが紹介されていたので興味をもった方もいられますが、
テレビの内容に補足があるのでそれを少々。


テレビではレーシックを受ける病院選びのポイントとして


・レーシックの専門クリニックを選ぶ
・事前説明をしっかりしてくれる
・症例数の多いところを選ぶ


というのがありました。このへんは問題ないですが気になったところはあのVTR
ではレーシックは何度でも手術が受けられるという勘違いを生みやすいかなと
思いました。


強度近視の場合、個人差はありますがほとんどの場合、一回のレーシック手術
に耐えられる角膜の厚さしかないと思います。視力が落ちても再手術があるから
と考えがちですが角膜の厚さが足りずに2度目は無理というケースが実際は多い
ということです。


他には手術自体は高性能の機械がやってくれるから失敗はないという感じでしたが
あくまで機械は人間が入力したデータに基づいて動くわけです。


ということなので、仮に人間が入力したデータが間違っていれば過矯正や視力が
思ったほど回復しない問題、そして最悪、不正乱視ということも起こりえます。


機械に入力するデータというのはレーシックの手術前の適応検査の数値などが基準
になるわけですが、長年のコンタクトレンズの使用などで角膜が歪んでいるケースが
あるわけです。


一応コンタクトレンズの使用者には歪みがなおった正常な角膜の状態で検査を受ける
ように注意があるわけですが、指定された期間をコンタクトレンズを使用しないでいたと
してもわずかな歪みが残ることもあります。(これも個人差があるということです。)


そして、このわずかに歪んだ角膜のデータでレーシックを行ってしまうと術後しばらくして
見え方に変化があったり、うまく視力がでないといった原因になります。


また、視力というのは体調や時間によっても微妙に異なるので、適応検査を受けたとき
のデータとレーシック後の目の状態に誤差が出るケースもあるわけです。


このわずかなデータの誤差が違和感として残る可能性があることも考えなければなり
ませんので、症例数の多い、あらゆるケースを想定した精密なデータを作成できる
クリニックを選ばないといけないというわけです。


なお、山ちゃんが手術していたレーシックのクリニックは神戸クリニックでした。手術
費用は28万円ということでしたが現段階のレーシック相場のなかではちょっと高い
分類に入るのかなという感じです。


参考:レーシッククリニック一覧

         

関連エントリー

山ちゃんがレーシックを受けてましたが・・・ |  レーシックの手術後は近くが見えにくくなる!? |  レーシックが老眼を早めるらしい!? |  レーシックでパイロットになれる!? |  レーシック術後は視力が悪くなることはない? |  レーシックは遠視・乱視・老眼には効果がない? |