レーシック 失敗Top >  レーシックの安全性(副作用など) >  レーシックに関する訴訟:平成12年の大阪地裁

レーシックに関する訴訟:平成12年の大阪地裁

レーシックの手術が日本でも行われるようになった2000年頃には患者の知識不足、
執刀医の技術不足から問題が起こり、訴訟沙汰になったケースがあります。

平成12年には大阪地裁で2件レーシックの失敗に関して裁判が行われています。


内容はというと、


1つは、 「手術後の合併症でレーシックを受ける前よりも視力が落ちてしまった」
もう一つは、「明らかな執刀医の過失でレーシック後に強い不正乱視が残った」


というものです。

詳細を見ていきましょう。


訴訟例1:「手術後の合併症でレーシックを受ける前よりも視力が落ちてしまった」


このケースに関してはクリニック側がレーシックの手術前にレーシックによって生じる
可能性のある合併症や副作用の説明と患者にリスクを理解させた上での承諾を得る
ことをしなかったという点が問題になりました。


患者側としてはレーシックのメリットをひたすらあおられ、手術をしたら合併症がでて
以前より見えなくなったわけですから裁判になるのも当たり前ですよね。


このような訴訟の影響もあり、現在ではレーシックを受ける前に必ずレーシックの
デメリット、リスクの説明と患者の同意を得ることは当たり前になっています。


訴訟例2:「明らかな執刀医の過失でレーシック後に強い不正乱視が残った」


こちらは1つ目のレーシック訴訟より深刻で、レーシック手術前の説明と承諾を得る
ことをしなかったことに加え、明らかに執刀医の技術レベルが低くフラップを作るのを
失敗し、手術中の目の洗浄と消毒も怠ったという考えられないものでした。


患者にはフラップの失敗による不正乱視、消毒と洗浄をしなかったことにより角膜に
異物が混入して角膜が濁ったという後遺症を残しました。


もちろんこの裁判では医師側の過失が認められ、損害賠償金を支払うように判決が
でています。


今のレーシック業界の基準からするとありえないことですがレーシックが導入された
ばかりの2000年頃はこうしたケースが裁判にならないだけで数多くあったといわれて
います。

追加:

レーシックではありませんが視力矯正手術(RK手術)にあった訴訟例です。今では
安全性の問題もあり、RK手術はほとんど行われてはいませんが過去にはこんなふざけた
眼科医がいたわけですね。


近視改善手術と説明義務<くらしの判例集>国民生活センター


現在はレーシックの技術も進歩し、執刀する眼科医にも厳しい技術水準が設けられて
いますがそれでも手術に100%絶対はないということは忘れないようにしたいです。

         

関連エントリー

銀座眼科のレーシック手術失敗について |  抗うつ剤や向精神薬とレーシックの関係 |  レーシックの再手術をしないためにできること |  レーシック後の副作用について |  角膜が薄いのにレーシックを受けると・・・・ |  レーシックに関する訴訟:平成12年の大阪地裁 |  レーシックでどれくらい視力回復するのか? |  レーシックで失明することはないのか? |  レーシックの手術中・術後の痛み |  レーシックの合併症と再近視化 |  レーシックと近視性眼底合併症 |  レーシックの術後で制限されること |