レーシック 失敗Top >  自宅で視力を回復させる訓練法 >  視力回復トレーニングとは?

視力回復トレーニングとは?

視力回復トレーニングのルーツはアメリカ人眼科医のウイリアム・ホレイショ・ベイツ
博士が患者の視力障害は眼のまわりの筋肉や視神経の機能の劣化が原因であり、
これらの周辺組織をトレーニングにより鍛えれば視力障害は解決できると考えたの
がきっかけです。


目を含めて、人間の体の各器官・各部位にはドイツ人の学者であるW・ルーが提唱
した「ルーの三原則」というものがあてはまります。


ルーの三原則の内容はというと、


【ルーの三原則】

  ・使わなければ退化する
  ・使いすぎたら破壊する
  ・適度に使えば発達する


というもので、この「ルーの三原則」は視力回復トレーニングのモットーともなります。


目の使いすぎは、当然視力の低下につながりますし、(=破壊)メガネやコンタクトレンズ
に見ることを頼れば、自分の目で見ようとする力は失われていきます。(=退化)。


トレーニングによって目の筋肉と見る力を鍛えることにより正常な視力を取り戻そうと
いうのが、(=発達)すべての視力回復トレーニングの根底に横たわる考え方なのです。


物を見るときに人間の眼はどのような動きをするかということに対して、ベイツは


〜ここから〜

 眼は、眼球を動かしている筋肉である、内直筋、外直筋、上直筋、下直筋、上斜筋、
 下斜筋の六種類の筋肉を収縮・弛緩させて眼球全体の形を変えることで、水晶体から
 網膜までの距離を変え、焦点を結ぶように調節している。

〜ここまで〜


と考えていましたが、現在このベイツの理論は眼科の世界では圧倒的少数意見であり、


〜ここから〜

 眼でモノを見るときは水晶体に付着している毛球体筋という筋肉が収縮・弛緩すること
 によって水晶体の厚さを薄くしたり厚くしたりし、焦点距離を調節している。

〜ここまで〜


と考えるヘルムホルツ理論が眼科の世界では主流でなかば常識として通っています。


ベイツ理論、ヘルムホルツ理論のどちらの理論が正しく、間違っているという結論は
出ていませんが、視力回復に関していえばこのペイツ理論が基になっており、意識的
に目の筋肉を鍛えることで焦点調節機能が回復し視力が良くなる、ということなって
います。


視力回復トレーニングとは簡単にいってしまえば目のリハビリトレーニングということも
でき、人間が本来持つ自然治癒力を高めるというのが目的になります。


視力回復トレーニングの多くは目の筋肉を鍛える眼球運動を中心としたトレーニングが
だけでなく、精神的な緊張・ストレスを取り除くこと、誤った生活習慣を正すことも含まれ、
あらゆる側面から視力を取り戻すための試みがなされます。

         

関連エントリー

モウケン族(モーケン族)の視力:視力は環境で決まるのか? |  視力回復トレーニングとは? |  視力回復トレーニング:遠近トレーニング |  視力回復トレーニング:明暗トレーニング |  視力回復トレーニング:調節機能強化トレーニング |  視力回復トレーニング:寄り目と反り目と立体視 |  視力回復トレーニング:眼球トレーニング |  視力回復トレーニング:目のツボマッサージ |  視力回復トレーニング:目のリラックス |  視力回復トレーニング:心身のリラックス |  視力回復に効く?噂のトレーニング |