レーシック 失敗Top >  レーシックの安全性(副作用など) >  レーシックの術後で制限されること

レーシックの術後で制限されること

レーシックの手術自体は10〜20分ぐらいで終わりますが、視力が安定して
普段どおりの生活を送れるようになるには数週間〜数ヶ月がかかります。


レーシックの手術を受けた当日は洗顔や洗髪をすることはできません。


他にもできるだけ眼に負担をかけないためにもテレビやパソコン、読書といった
ことも控えるほうが賢明です。


術後の最低1週間は眼を保護するために、外出時はサングラス、眠る際には
眼を保護する眼帯などをして眼に水や汗、圧力などが入らないように気をつけ
なければなりません。


レーシックの手術では眼の表面にフラップという蓋のようなものを作成しますが、
手術後から1週間程度は、そのフラップの密着状態が不安定であり、強くこすったり、
押したりすることでフラップがめくれてしまい、そうなると感染症にかかる可能性が
高くなってしまうのです。


とにかくフラップを作った角膜上皮層の傷が修復して、フラップが強固に密着する
までは極力、眼に負担をかけない生活を送り、さまざまな行動を制限される中で
辛抱しなければなりません。


医師の言うことを聞き、何事もなければ術後1ヶ月で、角膜上皮層の傷は修復
されるので相当なムチャをしない限り、フラップがめくれてしまうことはありません。


車の運転や目に負担をかけてしまう仕事をしている方はいつから仕事を始められ
るかといったことは担当の医師と相談したうえで決めていくほうがよいでしょう。


■ レーシック後の制限一覧


○ 術後1週間(目安)は制限あり


◇ 洗顔      タオルで拭く程度ならOK。
◇ 洗髪      下を向いての洗髪はNGなので美容院へ行ってください。
◇ 入浴      手術当日は不可。翌日から首から上を濡らさない入浴はOK。
◇ 化粧      アイメイクは1ヶ月禁止です。
◇ 保護メガネ   睡眠時に無意識にこすらないように着用します。
◇ 事務作業    術後3〜4日目から可能です。
◇ 車の運転など   医師の許可が降りるまでは控えてください。


○ 術後2週間(目安)は制限あり


◇ 温泉・サウナ         感染防止のためです。
◇ スポーツジム         経過次第です。
◇ 旅行              経過次第です。


○ 術後1ヶ月以上(目安)は制限あり


◇ ゴルフ・水泳・スキーなど  1ヶ月以上が目安です。
◇ ダイビング・素潜り      3ヶ月以上が目安です。

         

関連エントリー

銀座眼科のレーシック手術失敗について |  抗うつ剤や向精神薬とレーシックの関係 |  レーシックの再手術をしないためにできること |  レーシック後の副作用について |  角膜が薄いのにレーシックを受けると・・・・ |  レーシックに関する訴訟:平成12年の大阪地裁 |  レーシックでどれくらい視力回復するのか? |  レーシックで失明することはないのか? |  レーシックの手術中・術後の痛み |  レーシックの合併症と再近視化 |  レーシックと近視性眼底合併症 |  レーシックの術後で制限されること |