レーシック 失敗Top >  レーシックの安全性(副作用など) >  レーシックでどれくらい視力回復するのか?

レーシックでどれくらい視力回復するのか?

メガネやコンタクトレンズが手放せない状況で、裸眼ではほとんど見えないという
0.1以下の視力であってもレーシックでは1.0以上の視力に矯正が可能です。


レーシックを受けた場合の術後の視力は90%以上が1.0以上にまで回復、
裸眼での車の運転に必要な視力である0.7以上に回復するのは、100%に
近い確率というデータがあります。


もちろんレーシックによる視力の回復の程度には個人差があるため、自分の視力
が必ず、1.0以上の視力になるということは保障されませんので注意してください。


一般的に強度の近視になるほど目標視力が出るのが難しくなるといわれます。


レーシックでどれほど視力が回復するのかは個人差はもちろんですが、レーシック
の手術を受けるクリニックや病院によっても異なるといいます。


レーシック術後の視力に最も影響を及ぼすのはエキシマレーザーの機種という話が
あるように最新の設備と実績のあるクリニックや医院でレーシックを受けるほうが
安心です。


メガネやコンタクトレンズで矯正して見えている範囲にはレーシックでも十分に回復
するといわれているので、メガネやコンタクトの矯正器具をつけて1.0以上見えて
いれば、レーシックによって同じく1.0以上回復する可能性があります。


(あくまで目安です。)


10数年前は極度の近視や乱視、遠視に眼科はなす術がなく、視力矯正の手術
にしてみてもかなりの痛みがあるうえ、治療期間も長いという欠点がありました。


しかし、レーシックは手術直後から裸眼でしっかりと物が見え、次の日にはほとんど
の人が裸眼視力で1.0以上の視力にまで回復するという視力の悪さに悩まされて
いる人にとってはまさに画期的なものなのです。

         

関連エントリー

銀座眼科のレーシック手術失敗について |  抗うつ剤や向精神薬とレーシックの関係 |  レーシックの再手術をしないためにできること |  レーシック後の副作用について |  角膜が薄いのにレーシックを受けると・・・・ |  レーシックに関する訴訟:平成12年の大阪地裁 |  レーシックでどれくらい視力回復するのか? |  レーシックで失明することはないのか? |  レーシックの手術中・術後の痛み |  レーシックの合併症と再近視化 |  レーシックと近視性眼底合併症 |  レーシックの術後で制限されること |