レーシック 失敗Top >  レーシックとは何か? >  レーシックについて

レーシックについて

レーシックはメガネ・コンタクトレンズに続く第3の視力矯正の手段として
注目されている医療用のレーザーを使って屈折異常を矯正する視力矯正手術です。


レーシックとは、『Laser in Situ Keratomileusis』という表記をして、
Keratosはギリシャ語で「角膜」、同様にMileusisは「修正する」という意味を
あらわしていて『レーザーで角膜を修正する』という意味になります。


『Laser in Situ Keratomileusis』の頭文字を取ってLASIK(レーシック)と読みます。


日本は世界一近視の人口が多いといわれる近視大国であり、日本人の代名詞と
してメガネをかけていると揶揄されることもあります。


実際、日本人の半数は近視であるといわれています。


今までは悪くなった視力はメガネやコンタクトレンズで矯正するというのが
常識でしたが、裸眼視力が取り戻せるという視力矯正の手段としてレーシックが
注目され、レーシックの手術を受ける人が年々増えているのが現状です。


レーシックの手術は専門のクリニックでを行うことになります。


手術時間は両眼でおよそ15〜20分程度であり、手術中はもちろん、手術後も
ほとんど無痛であること、入院は不要であり、術後すぐに視力回復の効果が
現れるといった特徴があります。


アメリカでは視力矯正の手段としてレーシックは一般的で、年間100万人の人が
レーシック手術を受けているなど視力矯正の方法として確立されています。


レーシックを日本に知らしめた人物としてはゴルフのタイガー・ウッズが有名
かもしれません。ゴルフツアーで連勝した要因としてレーシックが取り上げら
れたことが原因です。


レーシックはタイガーウッズ以外にも俳優のブラッド・ピットをはじめ、多く
の著名人やスポーツ選手がレーシックの手術を受けているといわれています。


レーシックはその手術方法や副作用について、いまだに根強い抵抗感や不安はある
ものの裸眼視力を取り戻してメガネやコンタクトレンズの煩わしさから脱して、
生活を送りたいという人には支持されています。

         

関連エントリー

レーシックについて |  レーシックの歴史 |  レーシックのメリット |  レーシックのデメリット |  レーシックを受けた方がいい場合 |  レーシックを受けられない場合 |  レーシックの手術手順 |  海外でのレーシックの評判 |  レーシックのコストをメガネ・コンタクトと比較 |  レーシックとお金(手術給付金と医療費控除) |