レーシック 失敗Top >  レーシックとは何か? >  レーシックのデメリット

レーシックのデメリット

レーシックはパーフェクトな視力矯正の治療法では決してありません。


従来の視力回復手術に比べればかなり安全性に優れていますが、レーシック
ならではのデメリットというものも存在します。


レーシックのデメリットとしては、一番大きいのは後戻りができない、レーザーで
削った角膜はもう元の状態には戻らないということでしょう。


レーシックでは、屈折度数に合わせてエキシマレーザーで角膜を削りますが、
一度削った角膜は二度と元にもどることはありません。


今後、レーシックを上回る100%安全で副作用がない視力回復法が開発された
ときにレーシックを受けて角膜を削っていた場合は適応外になるということに
なるかもしれません。


また、レーシックに関しては術後の長期的な症例データがないために何十年後
になって重大な障害やトラブルが発生することもないとは限りません。


このような事態になってからレーシックをする前の状態に眼を戻すなどということ
はできませんので、そういったリスクを理解してからレーシックの手術をうけるか
どうか決める必要があります。


その他にも、レーシックに伴うリスクとして、「視力が目標視力に達しない」ことが
挙げられます。


メガネやコンタクトレンズで矯正した視力程度はレーシックによっても出せるという
のが一般論ですが、レーシックの効果には個人差があるのも事実です。


レーシック適正とでもいいましょうか、どの程度まで視力が回復するかは実際の
ところやってみないとわからないというのが本当の話です。


「視力が目標視力に達しない」ケースは強度近視の場合、特にその傾向が強く、
そのためレーシック前のほうが矯正視力が出ていたということもあります。


また、レーシックには「リグレッション」という問題が常につきまといます。


リグレッションというのは「近視の戻り」を意味しますが、せっかく手術をして視力が
よくなったのにもかかわらず、時間が経つにつれ、視力が落ちてしまうというもので
原因はいまのところはっきりしていません。


レーシック後に目を酷使したことで再び視力が低下したというケースであるならば
まだ納得がいきますが、目を酷使していないにも関わらず近視が戻るということ
も報告されています。


もちろんレーシックをうけた全ての人にこの「リグレッション」があるわけではない
のですが、数十万円の費用をかけて視力回復の手術を受けたのですから大きな
リスクとして考えてよいでしょう。


リグレッションに対して再手術を無料で行ってくれるクリニックもありますが、二度
目の手術の場合、一度レーシックの手術で角膜を削っているので、角膜の厚さが
足りず、手術ができないということも大いに考えられます。


レーシック前には気にすることがなかったドライアイや暗いところでの光の異常な
見え方、目に対する刺激に敏感になってしまうのもレーシックのデメリットとして
当てはまるかもしれません。


■ 眼科医、クリニック、病院では説明されないこと


目標視力に達しないこと、近視が戻ること、術後の副作用などはレーシックの
デメリットとして手術前の説明で教えてもらうことがほとんどです。


以上のことを踏まえて手術に同意しますという誓約書にサインすることもあります。


しかし、これからご説明することにはあまり説明を受けることはないのではない
でしょうか。


まず、レーシックはあくまで視力の矯正のためのひとつの手段であって視力の
回復そのものを促すものではないということです。


どういうことかといいますと、レーシックによって視力は改善されますが、眼球の
構造としては近視(または遠視・乱視)のままだということで、根本的視力回復
ではないということです。


強度近視の場合、眼球自体の形が楕円形になることで近視になっている軸性
近視であることがほとんどですが、この軸性近視の眼球の形の場合、網膜剥離
や緑内障といった眼病の発生確率は通常に比べて数倍高いのです。


(強度近視ほどかかりやすい眼病というものがあります。)


つまり、レーシックによって視力は1.5や2.0だとしても眼球自体の構造は強度
近視のころとなんら変わりがないため眼病を患うリスクは高いままということです。


レーシックにはメリットもあれば、デメリットもあり、レーシックでは視力は矯正でき
ますが眼病の発症リスクまでは変わらないということもお伝えしました。


こうしたさまざまな要素を天秤にかけたうえでレーシックの手術をうけるかどうか
自己責任が取れるかどうかの判断を下すようにしてください。

         

関連エントリー

レーシックについて |  レーシックの歴史 |  レーシックのメリット |  レーシックのデメリット |  レーシックを受けた方がいい場合 |  レーシックを受けられない場合 |  レーシックの手術手順 |  海外でのレーシックの評判 |  レーシックのコストをメガネ・コンタクトと比較 |  レーシックとお金(手術給付金と医療費控除) |