レーシック 失敗Top >  レーシックとは何か? >  レーシックの手術手順

レーシックの手術手順

レーシックの安全性を支える要因として、確立されたシンプルな手術であるか
ということが挙げられ、「シンプル=安全」をレーシックでは実証しています。


レーシックの実際の治療は進め方は医療機関やクリニックによってさまざま
ですがひと通りの手順の流れはほとんど変わらないと思います。


■ レーシック手術の手順


 .疋譟璽團鵐

治療用ベットに横になると顔の上に目の部分だけ穴が開いてあるドレープを
当て、睫毛が目に入らないようにします。


◆‥栖稻秧

レーシックの手術が準備できてから、目薬による点眼麻酔を行います。目薬の
麻酔なので注射のような麻酔の際に痛い思いをするというのはありません。


 開瞼器セット

レーシックの手術中にまばたきをしないように開瞼器でまばたきができない
ようにしっかりと固定します。


この開瞼器をセットするのが非常に痛いという人がいます。


ぁ.侫薀奪廚虜鄒

位置確認のためのマーキングを行い、フラップをマイクロケラトームという
専用の医療器具で作成します。


ァ.┘シマレーザーの照射

角膜上皮を削ってから、角膜実質層にエキシマレーザーを照射します。エキシマ
レーザーの照射時間は近視や乱視の度数によって変わりますが30秒程度です。


このとき患者の眼球は動かないように器具で固定されるか、視線を光点にあわ
せるように指示されます。


Α.侫薀奪廚良元

エキシマレーザーの照射が終わるとフラップと角膜を丁寧に消毒・洗浄して、
フラップをマーキングしてある元の位置に戻します。


エキシマレーザーの照射後のケアが術後の合併症につながるので特に念入り
に作業します。


А.侫薀奪廚量着具合を確認

抗炎症と感染症予防の目薬を点眼して手術は終了です。手術後しばらくは
フラップが密着するまで1時間程度安静にしてます。


その後、顕微鏡でフラップの密着の状態、異物がないかを検査して終了です。


■ 術後の経過


レーシックの効果は術後すぐに出る人もいますが、2〜3日間は一時的な遠視
状態であるため近くが見えにくいということが起こり、光がやけにまぶしく
感じたり、コントラストが低下したりすることがあります。


1週間ほどでほぼ目標視力がでるはずですが、強度の近視や乱視の人はその効果
が現れるまで時間がかかることがあります。(どんなにかかったとしても3ヶ月)


レーシックの手術後、麻酔が切れると、目に煙が入ったような感じのしみる
痛みを感じたり、目が充血することがありますが時間が経つほど症状は落ち
着いてくるはずです。


余りにひどい場合はフラップがはがれてしまっている可能性もあるので医師
にみてもらうようにします。


レーシックは術後、フラップが密着して傷口が落ち着くまでの間、洗顔や入浴、
運動が制限され、目を保護するための注意事項を守る必要がでてきますので、
医師の指示どおりに従ってください。

         

関連エントリー

レーシックについて |  レーシックの歴史 |  レーシックのメリット |  レーシックのデメリット |  レーシックを受けた方がいい場合 |  レーシックを受けられない場合 |  レーシックの手術手順 |  海外でのレーシックの評判 |  レーシックのコストをメガネ・コンタクトと比較 |  レーシックとお金(手術給付金と医療費控除) |