レーシック 失敗Top >  レーシックとは何か? >  海外でのレーシックの評判

海外でのレーシックの評判

レーシックに関しては日本は後進国ですが、海外ではレーシックはどのような
扱いなのか豆知識的なことも含めて紹介していきたいと思います。


レーシックの本場であるアメリカでは年間100万人の人がレーシックを受けて
いるといわれており、近視の人の実に1割がレーシックを体験しています。


レーシックの本場だけあって値段も安く、1000ドル程度で手術を受けること
もできるため、日本人でもわざわざ治療費の安いアメリカにわたる人もいます。


アメリカの場合、すでにレーシックを受ける人口は飽和状態にあるため、手術
件数がこの先増加することはないようですが、変わって急激な勢いでレーシック
が普及していくと考えられているのは、中国をはじめとしたアジアだといわれて
います。


経済が発展して近代化が進めば進むほど、それに比例して近視の人も増えていく
という方程式にも当てはまりますのでこの予測は間違いないことでしょう。


海外ではアメリカ以上に安い費用でレーシックを受けることができるところもあり、
タイ、ブラジル、韓国が料金も安く技術・実績にも信頼がおけるとの話です。


海外で受けるレーシックは費用の安さという魅力はありますが、万が一のときの
言葉の問題、術後のアフターケアの対応など、不安な点もありますので、安易に
海外でレーシックを受けることはおすすめできません。


レーシック後のアフターケアはやはり、執刀医のいる病院で継続して行うのが
基本なので、個人的には日本で手術することがおすすめします。

         

関連エントリー

レーシックについて |  レーシックの歴史 |  レーシックのメリット |  レーシックのデメリット |  レーシックを受けた方がいい場合 |  レーシックを受けられない場合 |  レーシックの手術手順 |  海外でのレーシックの評判 |  レーシックのコストをメガネ・コンタクトと比較 |  レーシックとお金(手術給付金と医療費控除) |