レーシック 失敗Top >  レーシックとは何か? >  レーシックとお金(手術給付金と医療費控除)

レーシックとお金(手術給付金と医療費控除)

レーシックにかかる費用はかなり高額ですが、これはレーシックが「自由診療」
に分類される医療行為であるため各クリニックが個々でレーシックの料金を設定
するからです。


レーシックをはじめ、視力矯正のための屈折矯正手術は「自由診療」に分類される
ため健康保険は適用されず、手術の料金をはじめレーシック手術に関わる費用は
全額自己負担という扱いになります。


生命保険の医療給付に関しては、生命保険会社によっては扱いが異なりますが、
レーシック手術が「レーザー角膜屈折矯正手術」として、手術給付金の対象に
なっていることもあります。


ただし、申請したとしても実際に給付金の対象となるか、どの程度の額が給付される
かは、保険の加入内容により異なります。


詳細はここでは書きようがありませんので、加入されている保険会社に直接問い合わ
せて確認するのがよいかと思います。


(なお、保険申請における病名は、「近視性乱視」あるいは「コンタクトレンズ不耐症」
ということになります。)


保険の種類にもよりますが、医療給付として適応される場合、平均して3万円〜
10万円くらいの手術給付金が支給されるようです。


(あくまで目安ですので注意してください)


レーシックの手術を受けることを前提として生命保険への加入、あるいは見直しを
検討している場合は、入院給付金日額を高めに設定しておくと多く手術給付金が
支給されます。


(※最近はこのレーシック目当ての生命保険への加入が急増しているというこ
とから保険の加入年数などを加味しての医療給付というケースになることが多い
そうです。)


なお、保険会社に手術給付金を申請する際は診断書が必要になりますので、クリ
ニックのスタッフに書いてもらうようにしましょう。


手術後すぐ、もしくは一週間後の検診ぐらいには頼んでおきましょう。


それからレーシックには医療費控除が適用される可能性があります。医療費控除と
いうのは本来、医療費として課税対象にならないはずのお金が税金として徴収され
ているものなので、確定申告することで税金の一部を返してもらうということです。


医療費控除で還付される金額ですが、年間の所得・手術給付金の金額によっても
変わってきます。2〜3万円も戻ってくれば手術給付金とあわせて実質3〜5万円
でレーシックを受けられるということもありえます。


詳細はお近くの税務署で相談してみてください。

         

関連エントリー

レーシックについて |  レーシックの歴史 |  レーシックのメリット |  レーシックのデメリット |  レーシックを受けた方がいい場合 |  レーシックを受けられない場合 |  レーシックの手術手順 |  海外でのレーシックの評判 |  レーシックのコストをメガネ・コンタクトと比較 |  レーシックとお金(手術給付金と医療費控除) |