レーシック 失敗Top >  自宅で視力を回復させる訓練法 >  視力回復トレーニング:明暗トレーニング

視力回復トレーニング:明暗トレーニング

視力回復トレーニングでは遠近トレーニングに次いで、行われるのが明暗トレーニング
であり、眼球に入る光の量を調節する虹彩という機能を鍛えます。

虹彩とは角膜と水晶体の間にあり、眼球に入る光の総量を調節してくれます。光の
量に応じて瞳孔の散大・縮小(明ければ閉じ、暗いところでは開く)します。


この虹彩の筋肉は不随意筋といって、意識的に動かすことはできない筋肉である
ため、虹彩を鍛える明暗トレーニングにおいては人為的に明暗の環境を作り出します。


■ 明暗トレーニングのやり方


1、蛍光灯スタンドなどを用意して目を閉じた状態で十分に明るさを感じます。

2、手で目を覆うことで光をシャットアウトします。真っ暗にしてください。

3、目を覆っていた手をはずして再び、明るさを感じます。 1と2を繰り返します。


明暗トレーニングで使えそうな蛍光灯スタンドがなければ、部屋の電気をつけたり、
消したりすることでも代替は可能です。ただし白熱灯は使用しないでください。


明と暗の差がはっきりしているほどいいのですが、余りに明るすぎるのも目に負担に
なるので、むしろ完全に暗にするほうに意識を向けたほうがいいかもしれません。


目安としては、明るさを感じるのこと5秒間、手で目を覆って暗さを感じてこと5秒間。
これを10回程度繰り返してください。


明暗トレーニングは虹彩の筋肉を強制的に動かすことによって、同時に毛様体筋も鍛え
られるので視力に効果があり、また暗さへの順応(暗順応)が早くなります。

         

関連エントリー

モウケン族(モーケン族)の視力:視力は環境で決まるのか? |  視力回復トレーニングとは? |  視力回復トレーニング:遠近トレーニング |  視力回復トレーニング:明暗トレーニング |  視力回復トレーニング:調節機能強化トレーニング |  視力回復トレーニング:寄り目と反り目と立体視 |  視力回復トレーニング:眼球トレーニング |  視力回復トレーニング:目のツボマッサージ |  視力回復トレーニング:目のリラックス |  視力回復トレーニング:心身のリラックス |  視力回復に効く?噂のトレーニング |