レーシック 失敗Top >  嘘!?レーシックの本当の話 >  レーシックが老眼を早めるらしい!?

レーシックが老眼を早めるらしい!?

レーシックの術後の経過についてよく聞かれる質問にレーシックを受けると
老眼の進行が早まるという話がありますが、どうなのでしょうか。


結論からいうとレーシックを受けたことによって老眼が進行する、または老眼
になるのが早まるということはありません。


そもそも老眼というものは加齢と共に水晶体の柔軟性が失われるため、水晶体
の屈折力が弱まりそのため近くのものが見づらくなるという現象です。


レーシックが矯正するのは近視・遠視・乱視などの屈折異常であるため、老眼と
レーシックの治療は基本的に無関係ということになります。


つまり、レーシックを受けようが、受けまいが関係なく老化現象として誰しもが
老眼になるということになります。


レーシックは老眼を治すことができないため、例えレーシックを受けて近視が
矯正されても、40〜50代になると老眼が進行して老眼鏡が必要となってくる
と考えられます。


レーシックを受けたことで老眼になるのが早まるというのは近視と老眼の相殺
効果が無くなるというのが本当のところで、視力が良くなることで老眼になった
ことに気付くのが早くなる」と解釈するのが正しいのです。


視力に関しての間違った誤解としては、近視の人は老眼にならないという話を
聞くことがありますが、今まで述べてきたように近視や遠視などの屈折異常と
老眼は異なるものです。なので近視で老眼ということも起こります。


ですので、強度近視で老眼ともなると非常に大変で、老眼鏡と近視用眼鏡を2つ
持ち歩いたり、遠近両用の眼鏡やコンタクトというのも利用することになること
になります。


仮にレーシックを受けるとすると近視に関しては対処できるので、老眼鏡のみで
済むという利点があります。

         

関連エントリー

山ちゃんがレーシックを受けてましたが・・・ |  レーシックの手術後は近くが見えにくくなる!? |  レーシックが老眼を早めるらしい!? |  レーシックでパイロットになれる!? |  レーシック術後は視力が悪くなることはない? |  レーシックは遠視・乱視・老眼には効果がない? |