レーシック 失敗Top >  レーシックの安全性(副作用など) >  レーシックと近視性眼底合併症

レーシックと近視性眼底合併症

レーシックはかなりの強度近視でも治療が可能な視力矯正の手術です。しかし、
視力矯正の方法であって視力回復ではないため近視性の合併症へのリスクが
なくなるということになりません。


近視には仮性近視と真性近視があり、さらに真性近視には屈折性近視と軸性近視
に分類されます。


強度近視の場合、そのほとんどが眼軸が前後に伸びる軸性近視であるとされます。


軸性近視の場合でもレーシックにより角膜の屈折率を変え、視力を矯正すること
はできますが、軸性近視の前後に伸びて変形している眼球を直すことにできない
ため眼球自体は軸性近視の状態のままであるわけです。


この軸性近視の眼球は前後に眼軸が伸びていることで、網膜が引っ張られる状態
になっているため網膜がはがれやすく、網膜剥離になりやすいことがいえます。


また、強度近視の場合、正常視力の人に比べ、明らかに眼に起こる病気の確率が
高くなるというデータがあります。


これは軸性近視の眼球構造に問題があるために起こることなのでレーシックで
近視を直したところで、これらの眼の病気に対してのリスクを軽減することが
ないので注意が必要です。


以上のことはあまり、お医者さんから説明されることがない知識です。


■ レーシックの術後でも気をつけなければならない近視性眼底合併症


○ 飛蚊症(ひぶんしょう)
 
目の前を蚊が飛んでいたり、糸くずが付いているように見えるものを言います。
加齢とともに目の中の大部分を占める透明な硝子体に混濁ができて起こるものです。

ほとんどが問題のないものですが、網膜剥離の前兆であることもあります。


○ 網膜剥離(もうまくはくり)

網膜剥離は近視の人に多いとされていて眼の網膜がはがれ、黒い膜が垂れて視野
が狭くなり視力がおちて失明の可能性もある病気です。


○ 白内障

強度近視の人は正常の視力の人より早く白内障にかかりやすくなります。


○ 緑内障
 
強度近視の場合、一般の緑内障の発生率よりも高率に発生しています。


以上のような近視性眼底合併症の予防については定期検診しか予防策はありません。


レーシック術後は定期的に検診を義務付けられているので、合併症の発症確率は
高くても早期発見にはつながります。


定期的に検診にいっている人であれば、むしろ定期検診をしない正常の視力の人
より早期治療が可能かもしれません。


強度近視(=軸性近視)の人の近視性眼底合併症の発症率はレーシックをうけようが
変わらないということをぜひとも覚えておいてください。

         

関連エントリー

銀座眼科のレーシック手術失敗について |  抗うつ剤や向精神薬とレーシックの関係 |  レーシックの再手術をしないためにできること |  レーシック後の副作用について |  角膜が薄いのにレーシックを受けると・・・・ |  レーシックに関する訴訟:平成12年の大阪地裁 |  レーシックでどれくらい視力回復するのか? |  レーシックで失明することはないのか? |  レーシックの手術中・術後の痛み |  レーシックの合併症と再近視化 |  レーシックと近視性眼底合併症 |  レーシックの術後で制限されること |