レーシック 失敗Top >  レーシックの安全性(副作用など) >  レーシックの手術中・術後の痛み

レーシックの手術中・術後の痛み

レーシックに限らず、「手術」という言葉には痛みや恐怖といったものがつき
まとうものですが、レーシックの手術に関してはどうなのでしょうか。


レーシックの手術は点眼(目薬)による麻酔を施してから施術にはいります。


レーシックの場合、注射で麻酔を眼に刺すということはありませんし、手術中
も麻酔のため痛みを感じる事はなく、麻酔が手術中に切れたという話は聞いた
ことはありません。


ただ、レーシック手術ではその工程の第1段階で、瞼を開瞼器で固定しますが
これが痛いという人が非常に多いです。


また、レーシック手術自体は痛みは麻酔をかけているので痛みを感じないはず
ですが、眼球をマイクロケラトームで削るということに心理的な痛みを覚える人が
いるようです。


痛みを感じる感覚は人それぞれなので同じ痛みでも苦痛に感じる人もいれば、
気にならない人もいて、心理的な影響が大きいということでナーバスになりがち
なレーシックの手術前に精神安定剤の入ったお茶を飲むことが多いです。


とにかく、手術の進行が困難になるほどの痛みを感じることはありません。


しかし、レーシックの手術後、麻酔が切れると痛みを覚える人は多いです。


少なからず角膜に傷をつけたわけですから、麻酔が切れたあとはどうしても数時間
はこの痛みに耐える必要があります。これは仕方ないと割り切ったほうがいいです。


眼が痛い、眼がしみる、眼の中がゴロゴロするといった異物感を感じる人がいます。


これらの症状全てはレーシックの手術後に考えられる術後の合併症になりますが、
大抵の場合は時間を置くか、クリニックから処方された点眼薬を使用すれば問題
ありません。


また、レーシックの手術中にまばたきをしたらどうなるか、瞳が動いてしまったら
危ないのではないかという心配があるかとおもいます。


まず、手術中のまばたきに関してはレーシックの手術中は開瞼器を使用して瞼
(まぶた)を固定しているのでまばたきをすることはできません。


手術中に瞳が動いてしまうことについては最新の機材を使っているところで
あれば、レーシックで使用されるエキシマレーザーに眼球の動きを自動追尾する
「アイトラッカー」というシステムが付いているので手術中に瞳が動いてしまっても
問題はありません。


ただ古いタイプの機材・設備のところでは「アイトラッカー」というシステムがない
エキシムレーザーであることが多く、その場合はレーザーの投射中に瞳が動いて
しまうと、乱視がでてしまうということがあるようです。


レーシックの手術で作成されるフラップですが、通常、肉眼で外から見る分には
まったくわからないのでレーシックの手術の傷口が気になるのではという心配は
皆無です。


しかし、一度フラップをつくるとそのフラップがめくれてしまうというリスクを抱える
ことにはなるので、激しいスポーツや格闘技または何らかの事故によって頭部に
強い衝撃を受けるとフラップがめくれてしまう可能性はあります。


         

関連エントリー

銀座眼科のレーシック手術失敗について |  抗うつ剤や向精神薬とレーシックの関係 |  レーシックの再手術をしないためにできること |  レーシック後の副作用について |  角膜が薄いのにレーシックを受けると・・・・ |  レーシックに関する訴訟:平成12年の大阪地裁 |  レーシックでどれくらい視力回復するのか? |  レーシックで失明することはないのか? |  レーシックの手術中・術後の痛み |  レーシックの合併症と再近視化 |  レーシックと近視性眼底合併症 |  レーシックの術後で制限されること |