レーシック 失敗Top >  レーシックの安全性(副作用など) >  レーシックで失明することはないのか?

レーシックで失明することはないのか?

レーシックの手術は非常にデリケートな眼球に対して、直接レーザーをあてる
という行為を行うため手術に対する安全性は非常に気になるところです。


レーシックに関して一番の関心事であり、不安点は「失敗して失明しないか?」
ということだと思います。


結論として、現在、レーシックが原因で失明したという報告はありません。


レーシックで失明しない理由としてはまず、手術が網膜をいじるものではなく、
角膜の一部分(角膜の5層構造の一番上の角膜上皮)を削るためまるで見え
なくなるという失明には至らないことが挙げられます。


もちろん失明の危険はないといっても、未熟な医師に執刀された場合や古い機器
を使用したことにより、角膜に対してエキシマレーザーを当て違えた場合は乱視など
「見え方」に関わる問題がでてくることは確かです。


レーシックは非常に安全性が高いことは認められていますが、100%安全な手術
であるとは言い切れないというのが実情です。


レーシックの安全性をもう少し説明知ると、手術で使用されている高度医療用の
エキシマレーザーが1995年に米国食品医薬品局(FDA)で、日本においては
厚生労働省が2000年にその安全性を承認されています。


つまり適切にエキシマレーザーによる手術が行われれば、まず問題は起こらない
というお墨付きをもらったということです。


実際にレーシックが生まれ、症例数も一番多い本場のアメリカにおいて、年間
100万件以上のレーシックの手術が行われているにも関わらず、レーシックの
手術そのものに対しての訴訟が起こってないのが安全性を表すいい例でしょう。


ただし、アメリカでも手術前に十分なインフォームドコンセントが行われなかった
(目標視力に届かないことがあること、術後に合併症があること)ことで訴訟は
あったようです。


日本においてのレーシックの訴訟については医師の未熟な技術によりフラップ
の作成・定着を失敗させたうえ、点眼による眼の消毒・保護も怠ったために高度
の不正乱視になったというものがあります。


利益目当てのクリニックにいき、技術の未熟な非眼科専門医に執刀されたことが
不幸な結果を招いたことの一例として挙げられるでしょう。


レーシックに関しては失明の問題よりレーシック手術後の合併症の問題のほうが
ほとんどの人にとって身近な問題であり、確率的には患者の1〜2%に合併症が
発症するといわれています。


一般的な合併症としては、「視界のボヤけ」「ドライアイ」「異物感」などの症例が
ありますが、時間の経過や点眼で治るもので1〜2ヶ月程度で収まります。


重度の合併症としては「夜間の視機能低下」「細菌感染」「フラップのズレ・シワ」
があり、いずれも、失明を心配することはありませんが、比較的治療に時間がかかる
ものです。


合併症のなかには医師の技術不足が原因で起こるものもあるため、担当医が眼科
専門医であるかどうかをしらべることで合併症の予防をすることができます。

         

関連エントリー

銀座眼科のレーシック手術失敗について |  抗うつ剤や向精神薬とレーシックの関係 |  レーシックの再手術をしないためにできること |  レーシック後の副作用について |  角膜が薄いのにレーシックを受けると・・・・ |  レーシックに関する訴訟:平成12年の大阪地裁 |  レーシックでどれくらい視力回復するのか? |  レーシックで失明することはないのか? |  レーシックの手術中・術後の痛み |  レーシックの合併症と再近視化 |  レーシックと近視性眼底合併症 |  レーシックの術後で制限されること |