レーシック 失敗Top >  レーシック以外の視力矯正手術 >  レーシック

レーシック

レーシック(LASIK)は、マイクロケラトームという器具を用いて、角膜の表面を薄くめくり、
フラップを作成して、エキシマレーザーを角膜中央部に照射することで、屈折力を矯正
して視力を回復させる治療法です。


レーシックが同じくエキシマレーザーにを使うPRK手術などに比べて画期的であったのは
PRK手術のように角膜表面をレーザーで削りとらずに、「フラップ」と呼ばれる蓋を作成
してから角膜実質層にレーザーを照射し、その蓋を元に戻すというやり方をすることです。


「フラップで蓋をする」という工夫によって、エキシムレーザーをあてた角膜の表層部が
手術後もむき出しになることがないため痛みもほとんどなく、術後の回復も早いため両目
を同時に手術することが可能になりました。


レーシックの手術自体も10〜20分ほどで終わり、術中・術後と傷みも少なく、すぐに
視力が回復していることが実感できるのがレーシックのすごいところです。


レーシックの手術方法としては点眼薬で目に麻酔をかけた後、マイクロケラトームと
いう医療器具で角膜の表面を削り、フラップをつくります。


フラップをめくり、エキシマレーザーを照射して屈折を矯正したあと、目の洗浄・消毒
を行い、フラップを元の位置に戻して、自然に密着させます。


とりあえずレーシックの手術の様子を画像で見る!


レーシックの手術そのものは比較的安全なもので、入院する必要もなく手術自体も
短時間で終わり、痛みもそれほどひどくはなりません。


いいとこだらけのレーシックのように思いますが、問題点をあげると保険が利かないため
高額な費用がかかる手術であること、レーシックの手術は誰もが受けられるものではなく
制限があること、術後の経過についての数十年単位の長期的な情報がないため、将来的に
どのような状態になるのかが、はっきりしないということが挙げられます。

         

関連エントリー

レーシック |  イントラレーシック |  iLASIK(アイレーシック) |  エピレーシック |  ラセック |  ウェーブフロントレーシック |  PRK手術 |  ICL(移植型眼内コンタクトレンズ) |  フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ) |  RK手術 |