レーシック 失敗Top >  レーシック以外の視力矯正手術 >  イントラレーシック

イントラレーシック

イントラレーシック(Intra LASIK)はエキシムレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する
視力矯正手術のひとつでレーシックの技術を応用しています。


イントラレーシックと通常のレーシックの違いは、イントラレーシックの場合フラップ作成
をする際にマイクロケラトームではなく、代わりに高精度の医療レーザーであるイントラ
レースFSレーザー使うということがあげられます。


イントラレーシックの場合このフラップを作成するためのすべての手順をコンピュータ制御
で、フラップの大きさや厚さなど角膜を傷つけること無く均一にすることが可能であるため
レーシックより安全・正確にフラップを作成することができます。


イントラレースFSレーザーで作成したフラップは、切開面が非常に滑らかでキレイなので
レーシックの術後にフラップがズレてしまったり、シワが起こらないうえ、フラップの厚さが
均一なため角膜の強度を保つことができます。


イントラレーシックは上に記したように、従来のマイクロケラトームを使ったレーシックより
矯正精度が高めることができるうえ、レーシックでは対応できなかった角膜の形状が変形
しているケースにもレーシックの施術を受けることが可能になりました。


■ イントラレーシックの方法


・目に麻酔かけた後、イントラレースFSレーザーを照射してフラップを作ります。

・作成したフラップをめくり、エキシマレーザーを照射、角膜の屈折力を調整してから
 目を洗浄、消毒してフラップを元の位置に戻して終了になります。


イントラレーシックはマイクロケラトームのレーシックと比べて術後の回復力が早いことや
ドライアイの発生率が低く、夜間に光がにじむ(ハロ)が少ないといわれます。


イントラレーシックの欠点としてはフラップ作成や接着する時間がやや長くなってしまうと
いうこと、レーザーを当てることで細胞のDNAが変異してガン化するのではないかという
不安、などのイントラレーシック特有の合併症があるのではという指摘があります。


レーシックの研究が進むアメリカでは2006年12月に陸海空軍の軍人で視力の回復手術
を希望する者に対してはレーシックよりイントラレーシックを受けさせると発表がありました。


また視力を最も重視するパイロットに関しても2007年の5月にイントラレーシックであるならば
という条件付きで視力回復手術が解禁されたことはレーシック関係者にとって画期的なこと
だったようです。

         

関連エントリー

レーシック |  イントラレーシック |  iLASIK(アイレーシック) |  エピレーシック |  ラセック |  ウェーブフロントレーシック |  PRK手術 |  ICL(移植型眼内コンタクトレンズ) |  フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ) |  RK手術 |