レーシック 失敗Top >  レーシック以外の視力矯正手術 >  ラセック

ラセック

ラセック(LASEK)はエキシムレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する視力回復の
ひとつであり、レーシックの技術を応用した手術を行います。


ラセック(LASEK)は医療機関により、ラセック、ラゼック、レーゼックとその呼び方が
異なることがありますが、手術内容は同じです。(当サイトではラセックで統一します。)


ラセックの特徴は、レーシックでフラップを作成する際に使うマイクロケラトームを
使用せず、アルコールで角膜表面をふやけさせることで非常に薄いフラップを作成
します。


非常に薄いフラップが作成することが可能になったことで、角膜の厚みを十分残すこと
ができるようになり、従来のレーシックでは不適応とされていた角膜の厚さが足りない
人や強度近視の人にまで適応することができるようになりました。


フラップを薄くすることは角膜上皮の再生能力が高めることにつながるうえ、強い衝撃
を受けてもフラップがずれないというメリットもあり、体の接触がある激しいスポーツや、
格闘技などをする方にもむいています。


このあたりはエピレーシックとほぼおなじようなメリットがあるといっていいでしょう。


■ ラセック( LASEK)の手術方法


・目に麻酔をかけ、固定した後は角膜上皮に印をつけ、アルコールで角膜上皮ふやかして、
 めくりやすくします。

・やわらかくなった角膜上皮を持ち上げ、非常に薄いフラップを作成したから、角膜に
 エキシマレーザーを照射して屈折力を調整します。

・フラップを元の位置に戻して、消毒して保護用コンタクトレンズを装着して終了です。


ラセックのおける問題点としては個人差があるもののアルコールを使用するために、
アルコールによる角膜や結膜の障害が考えられることや術後に痛みがあることです。

         

関連エントリー

レーシック |  イントラレーシック |  iLASIK(アイレーシック) |  エピレーシック |  ラセック |  ウェーブフロントレーシック |  PRK手術 |  ICL(移植型眼内コンタクトレンズ) |  フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ) |  RK手術 |