レーシック 失敗Top >  レーシック以外の視力矯正手術 >  PRK手術

PRK手術

PRK手術はエキシマレーザーを使った視力回復手術のひとつで、レーシックがでてくる
までは視力矯正の手術といえばこのPRK手術のことをいいました。


PRK手術は、エキシマレーザーを照射して屈折力を調整するということでレーシックと
共通点がありますが、フラップを作らないという点で違いがみられます。


レーシックの場合は、稀にフラップを作成するときや元の位置に戻すときに、フラップが
ズレたり、シワができるほか、感染症にかかったりすることがありますが、PRK手術の
場合にはそういった心配が無用になります。


PRK手術はフラップを作らないので、角膜上皮を取り除いてしまいますが、角膜上皮の
再生能力は高いので、約2週間程で新しい上皮に生まれ変わります。


PRK手術後はフラップがない分、強い衝撃にもズレなどを心配する必要がないため体の
接触がある激しいスポーツや、格闘技などをする方にはPRK手術は向いています。


■ PRK手術の方法


・点眼麻酔をした後に角膜表面の角膜上皮をエキシマレーザーで照射して取り除きます。

・むき出しになった角膜中心部にエキシマレーザーを照射して屈折力を調整したあと、
 目を洗浄して消毒してから保護用のコンタクトレンズを装着して終了となります。


PRK手術は厚生労働省が認めたレーザー手術ではありますが、神経の多い角膜上皮を
一時的に損失してしまうので、他の手術よりもやや長く痛みが出て、保護用のコンタクト
レンズが回復するまでは手放せないこと、レーシックと違って両目を一度に手術することは
できず、期間をあけて片目づつの手術になること、などの欠点があげられます。

         

関連エントリー

レーシック |  イントラレーシック |  iLASIK(アイレーシック) |  エピレーシック |  ラセック |  ウェーブフロントレーシック |  PRK手術 |  ICL(移植型眼内コンタクトレンズ) |  フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ) |  RK手術 |