レーシック 失敗Top >  レーシック以外の視力矯正手術 >  RK手術

RK手術

RK手術は、ロシアで開発された最初の近視矯正手術であり、近視矯正手術の中では
最も古くから行われているもので40年近い実績もあり症例数も豊富です。


RK手術の方法としてはメスを用いて角膜に切れ込みを入れることで角膜の屈折度を
変えて視力の改善をはかろうというものです。


このアイデアは割れたメガネで目を傷つけた少年が治療後に視力が回復していたことで
本格的に実用化に向けて研究されたということです。


RK手術では角膜の中央の光軸(オプテイカルゾーン)のまわりをメスをを使い、放射状の
切り込みを入れ、レンズのカーブを緩やかにすることで屈折度を矯正していきます。


RK手術は医師が直接メスで角膜に切れこみを入れるという手段をとるため、視力がうまく
矯正されるかどうか、術後の副作用、合併症についてはRK手術を執刀した医師の技術と
経験などによるところが多く、精度が高い視力矯正の手術ではありませんでした。


また、RK手術は角膜に切れこみが入るために角膜の強度をはじめ、眼球自体が脆弱化
するというリスクがあり、RK手術の乱視や視界のまぶしさ(グレア)、感染、潰瘍といった
ことも問題になりました。


これらの欠点を補うために特殊なダイアモンドメスを用いて角膜にいれる切込み(=切開線)
の本数を減らし、角膜の強度を保つミニRK手術というものもあります。


ミニRK手術はRK手術に比べ、眼球に対する負担は減りましたが、軽・中度の近視の
しか改善できず、強度の近視には向いていません。


現在は眼球への影響や術後の視力が不安定などの欠点などがあるために、RK手術は
あまり行われなくなっており、より精度・安全性の高いPRKやレーシックなどレーザーが
主流にになっています。

         

関連エントリー

レーシック |  イントラレーシック |  iLASIK(アイレーシック) |  エピレーシック |  ラセック |  ウェーブフロントレーシック |  PRK手術 |  ICL(移植型眼内コンタクトレンズ) |  フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ) |  RK手術 |