レーシック 失敗Top >  視力回復7つの方法 >  視力回復トレーニング

視力回復トレーニング

視力回復トレーニングは自宅でできる簡単なものから、本格的な視力回復のための
器材を購入したり、専用のトレーニング器機がおいてある視力回復訓練センターに
通います。


視力回復トレーニングの基本的なメニューは自宅でやる場合も視力回復訓練センター
でやる場合もさほどかわりはありません。


毛様体筋を積極的に働かせ、凝り固まった眼の筋肉の緊張をほぐすために遠いところ
と近いところを交互に見たり、眼球を上下左右に動かすなどのトレーニング中心です。


「遠くのものと近くのものを交互に繰り返し見る」
「目を上下左右に動かす」
「明るさと暗さを交互に目に感じさせて虹彩を鍛える」


といったトレーニングは体系化されており、歴史がある分、非常に効果があり、視力を
回復させることもありますが、わざわざ何十万ものお金を払ってトレーニングに通う必要
があるかという点は疑問が残ります。


視力回復のトレーニングは特殊な器機を使わなくても自宅でできる簡単なトレーニングで
同等の効果が得られことがわかっています。


ただ、、自宅で自分でトレーニングを行う問題は続かないということが問題です。 


視力回復訓練センターに通う場合は、高いお金を払ってやる以上、真剣になって訓練に
励むことが期待できるうえ、トレーニングに対してアドバイスしてくれる人がいるので
モチベーションが保ちやすいということが挙げられます。


視力回復トレーニングは効果がでるまでが長いため、途中で挫折して辞めてしまう人が
ほとんどなのでモチベーションをいかに高く保つかが、一番大切です。


視力回復訓練センターで気をつけたいのは誇大広告で人を集めて視力回復の高額器機
を購入させるのが目的という業者がいることです。


視力回復訓練センターへ通う場合は事前にしっかり調査を行なってから通うようにします。

         

関連エントリー

視力矯正手術 |  点眼治療(調節麻痺剤) |  オルソケラトロジー |  超音波治療器(低周波治療器) |  視力回復トレーニング |  ピンホールアイマスク |  視力に良いサプリメントを摂取する |