レーシック 失敗Top >  目に良いサプリメント群 >  βーカロチン(ベータカロチン)

βーカロチン(ベータカロチン)

βーカロチンは抗酸化作用のある植物の色素を構成するカロチノイドの1つで、ビタミンA
の前躯体として必要に応じてビタミンAにも変化して働きます。


βーカロチンはビタミンAの前躯体であるため、体内のビタミンAの貯蔵量によって
必要量をビタミンAに変化させるという働きがあります。


ビタミンAは肝臓に蓄えられますが、大量にビタミンAを摂取すると逆に過剰症を
引き起こすなどの悪影響がありますが、βーカロチンとして体内に吸収された場合は
全身の脂肪に蓄えられるので、大量に摂取しても過剰症になることはありません。


上記のような理由からビタミンAの表記でサプリメントやジュースとして販売されて
いることは最近では少なくなり、代わりにβーカロチンとしてあるケースがあります。


βーカロチンの働きはビタミンAに変わった場合は目の粘膜を保護したり、視力の低下
暗順応を助け、網膜を健康に保ちます。ビタミンAそのものの働きをします。


ビタミンAに変わらなかったβーカロチンもそれ自体に制ガン作用などをはじめとして
悪玉コレステロールを減らし、生活習慣病を防止する効果があるといわれています。 


βーカロチンを摂取する方法としてはジュースとして摂取したりするほかサプリメント
として摂取することもあります。


■ βーカロチンを豊富に含む食品

● 干しわかめ ● モロヘイヤ  ● アンズ  ● うに   ● 緑茶
● ブロッコリー ● ほうれん草  ● ミツバ  ● スイカ  ● ビワ

         

関連エントリー

ビタミンA |  ビタミンB群 |  ビタミンC |  アイブライト |  βーカロチン(ベータカロチン) |  アントシアニン |  メグスリノキ |  コンドロイチン硫酸 |  ルテイン |  DHA(デオキシリボ核酸) |