レーシック 失敗Top >  目に良いサプリメント群 >  コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸は人体を構成する細胞同士をジョイント(結び付ける)役割と、
血液から送られる栄養分や水分と老廃物の新陳代謝を活発にする役割を果たします。


コンドロイチン硫酸の効果としては目に関するものよりは、肌をみずみずしくすること
関節・靱帯・腱の弾力性・円滑性を保持することなどが有名です。


肌のきれいな人(赤ちゃんが代表格)の肌の張りやみずみずしさはコンドロイチン
硫酸が影響しているということです。


視力に関する部分の話をするとコンドロイチン硫酸は、水晶体と毛様体筋に多量に
存在し、目の自動焦点機能を円滑に進める潤滑油の役目を果たしています。


水晶体と毛様体筋以外にも水晶体の奥にある硝子体、角膜にもコンドロイチン硫酸が
豊富に含まれており、角膜に限っていえば角膜のコンドロイチン硫酸が減少すると
透明度が維持できなくなり、その結果白内障になるということがあります。


コンドロイチン硫酸は眼の角膜や水晶体の透明性や弾力性を保持し、目の老化を防ぐ
ためにはかかすことのできない成分ですが、加齢とともに減少していくため、コンドロイチン
硫酸の外部からの補充がどうしても必要となってきます。


コンドロイチン硫酸を摂取する方法としては「サメ軟骨」などのサプリメントで摂取する
以外にはコンドロイチン硫酸を含んだ食材を積極的に摂取することがあげられます。


■ コンドロイチン硫酸を豊富に含んだ食品

● なまこ  ● すっぽん ● 鶏手羽先 ● 鶏がらスープ ● 穴子  ● うなぎ
● どじょう  ● ハモ  ● 魚の煮こごり ● ふかひれ

         

関連エントリー

ビタミンA |  ビタミンB群 |  ビタミンC |  アイブライト |  βーカロチン(ベータカロチン) |  アントシアニン |  メグスリノキ |  コンドロイチン硫酸 |  ルテイン |  DHA(デオキシリボ核酸) |