レーシック 失敗Top >  本当は怖い!コンタクトレンズ >  コンタクトレンズについて

コンタクトレンズについて

若者や女性など外見上の印象を特に気にする人やスポーツをする人など、どうしても
メガネでは不便という方はコンタクトレンズで視力を矯正するのが一般的です。


強い近視をメガネで矯正する場合、メガネのレンズがかなり厚くなってしまい牛乳瓶の
ようなメガネになってしまい、こんなメガネはダサくてとても外を出歩けないと思うことは
よくあります。


最近はレンズの加工技術も進み、メガネレンズ自体を薄くして、軽くすることもできること
はできますが、レンズ越しに見える自分の眼が小さくなってしまうというという欠点があり、
これまた、ダサくて人前ではメガネがかけられないということになります。


こうした強い近視を矯正するメガネが持つ問題を解決してくれるのがコンタクトレンズです。


コンタクトレンズは強い近視にもある程度矯正が効くうえ、何より外見上の印象が変わら
ないという理由から視力の悪い人たちには広く支持されています。


現在、視力に問題のある人の約10人に1人がコンタクトレンズを使用しているといわれる
コンタクトレンズですが、その歴史は古くコンタクトレンズのアイデア自体は「モナリザ」
で有名なレオナルド・ダ・ヴィンチが発案したものといわれています。


初期のコンタクトレンズはガラス製であり、眼にいれるものとしては危険きわまりないもの
でしたが、技術の進歩でプラスチック製となり、レンズが改良されハードコンタクトレンズ、
ソフトコンタクトレンズと進化してきました。


最近のコンタクトレンズはカラーコンタクトレンズや黒目が大きく見えるコンタクトレンズ
など視力矯正のみならずファッション・美容のひとつとして利用されています。


コンタクトレンズは安全面での問題もある程度クリアして、今や視力矯正には欠かせない
ものとなっています。


ただし、コンタクトレンズはアレルギーなどの体質的な問題や眼球にレンズを入れるという
ことに対する抵抗感があることから誰もが装着できるわけではありません。


またドライアイや近視の進行を進めるといったデメリットがコンタクトレンズにはあること
を知識として知っておく必要があるのを忘れてはいけません。

         

関連エントリー

激安コンタクトレンズの罠と定期健診をさぼった人の話 |  メガネでの視力矯正について |  コンタクトレンズについて |  近視の進行と眼鏡・コンタクトレンズの関係 |  ハードコンタクトレンズについて |  ソフトコンタクトレンズについて |  使い捨てコンタクトレンズについて |  カラーコンタクトレンズについて |  コンタクトレンズの正しい使い方 |  コンタクトレンズの間違った使い方 |  コンタクトレンズの都市伝説 |