レーシック 失敗Top >  本当は怖い!コンタクトレンズ >  近視の進行と眼鏡・コンタクトレンズの関係

近視の進行と眼鏡・コンタクトレンズの関係

メガネとコンタクトレンズというのは視力の悪い人にとってはいわば目の松葉杖である
ことを意味しますが、このメガネやコンタクトレンズがさらに近視を進行させます。


メガネやコンタクトレンズに頼るようになると、目はさらにメガネやコンタクトレンズに
頼って物を見ようとするので目がどんどんメガネやコンタクトレンズに依存するように
なってきます。


その結果としてメガネやコンタクトレンズというものは近視を進行させます。どちらかと
いうとコンタクトレンズのほうがそのスピードは速いように思います。


強い近視の人や若者は大抵、メガネのもつイメージの悪さからコンタクトレンズを装用
しているケースが多いかと思いますが、それが見事に仇となります。


人間の目は構造上、遠くを見るときは毛様体筋が緩くなり、水晶体が薄くなります。


対して近くを見るときは毛様体筋が緊張して水晶体が厚くなりピントの調節を行いますが、
メガネやコンタクトレンズを装用すると、それにピントの調節を頼るため毛様体筋の働きが
衰えて遠近に焦点を合わすという働きをしなくなります。


コンタクトレンズの場合は常につけっぱなしのため常に目が緊張している状況になるので、
さらに近視が進行するという結果になるのです。


メガネは付け外しをすることができる分、まだ目を休まることができます。


視力を維持したい、もしくは視力を回復させたいのであればコンタクトレンズは百害あって
一利なしということを覚えておいてください。


メガネやコンタクトレンズがなくては日常生活に支障がでるという方もいると思いますが、
目のことを考えるのであればまずはメガネに変えることをおすすめします。


メガネがどうしてもいやだという場合はできるだけコンタクトレンズを装用している時間を
減らすことができないかを考える必要があります。


せめて家にいる間はコンタクトを外すようにしましょう。


目の物を見ようとする力は使わなければ退化します。裸眼もしくはメガネ(度の弱いもの)を
かけて、何とか自分で焦点を合わせて見ようとすることで、脳が再び「見る」という行為に対し
て活性化するので、視力の維持や回復につながるわlけです。

         

関連エントリー

激安コンタクトレンズの罠と定期健診をさぼった人の話 |  メガネでの視力矯正について |  コンタクトレンズについて |  近視の進行と眼鏡・コンタクトレンズの関係 |  ハードコンタクトレンズについて |  ソフトコンタクトレンズについて |  使い捨てコンタクトレンズについて |  カラーコンタクトレンズについて |  コンタクトレンズの正しい使い方 |  コンタクトレンズの間違った使い方 |  コンタクトレンズの都市伝説 |