レーシック 失敗Top >  本当は怖い!コンタクトレンズ >  コンタクトレンズの正しい使い方

コンタクトレンズの正しい使い方

コンタクトレンズはデリケートな目に直接入れるものですので正しい使い方をしないと、
取り返しのつかない目のトラブルに巻き込まれることもあります。


コンタクトレンズを利用する際は必ず眼科医の処方を受け、手入れの仕方や注意点を
学ぶはずですが、今一度正しいコンタクトの使い方を確認してください。


コンタクトレンズを使用するのであればまず、自分にあったものを選ぶことが大切です。


例えばコンタクトレンズを選ぶ基準としては次のようなものがあります。


○ とにかく目に対して安全でやさしいものがいい 

→ハードコンタクトレンズ


○ サッカーや野球など屋外でプレーするスポーツをよくやる

→ソフトコンタクトレンズ、使い捨てコンタクトレンズ


○ アレルギーがある    

→使い捨てコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズ


○ 乱視が強いもしくはドライアイと診断された

→ハードコンタクトレンズ


○ お金をかけたくない  

→ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズ


自分の生活習慣や目的に合わせてコンタクトレンズを選んだ後は、日々のケアが
必要で毎日のこすり洗いや消毒はもちろん使い捨てコンタクトレンズの場合は絶対
に装用期限を過ぎたレンズを使わないようにします。


コンタクトレンズの装用時間にも気を使うべきで、短ければ短いほど良いです。


他のページでも書きましたが、コンタクトレンズを長時間装用することで角膜の細胞は
酸欠状態になり角膜内部の細胞数が減少(二度と再生しません)して水庖性角膜症
などにかかります。


許容範囲を超えると、角膜が濁って視力低下、もしくは失明を招き、角膜移植が必要
になるケーズがあるということをしっかり知識として頭に入れておきましょう。


1日の装用時間が16時間を超える場合は、眼鏡との併用するほうが賢明です。


また定期的に眼科で検査を受けることで目に異常がないことを確認することも大切です。


コンタクトレンズを処方してくれた眼科の指示に従って通院しますが、基本的に3ヶ月毎
に検査を受けるのが基本的です。


自覚症状のない目の障害やレンズが目に合わなくなって眼精疲労を引き起こして頭痛
や肩こりなどの症状がでないともかぎりません。


目の健康を保つためにも、面倒ではありますが定期検査を必ず受けるようにしてください。

         

関連エントリー

激安コンタクトレンズの罠と定期健診をさぼった人の話 |  メガネでの視力矯正について |  コンタクトレンズについて |  近視の進行と眼鏡・コンタクトレンズの関係 |  ハードコンタクトレンズについて |  ソフトコンタクトレンズについて |  使い捨てコンタクトレンズについて |  カラーコンタクトレンズについて |  コンタクトレンズの正しい使い方 |  コンタクトレンズの間違った使い方 |  コンタクトレンズの都市伝説 |