レーシック 失敗Top >  本当は怖い!コンタクトレンズ >  コンタクトレンズの間違った使い方

コンタクトレンズの間違った使い方

コンタクトレンズの間違った使い方が招く目の疾患をひとつひとつ見ていきましょう。


大きな目のトラブルにつながることを知ってか知らずか、多くの人がコンタクトレンズを
間違って扱い、自らトラブルを招いていています。


コンタクトレンズの間違った扱い方としては以下のようなものがあります。


・埃やゴミ、化粧品がついた汚い手でレンズを扱う

・レンズケースが汚れている

・キズがある、レンズの一部がかけるなど破損しているものを使い続ける。

・使用期限の過ぎたレンズを使っている

・レンズの保存やこすり洗いに専用の洗浄液や保存液を使わず、水道水を使う

・レンズをつけたまま眠る


該当するものがあった場合は大至急あらためるようにしてください。コンタクトレンズの
間違った使い方に共通するのは不衛生であること、角膜に対してキズをつけるような
ことがあげられます。


■ コンタクトレンズの間違った使い方がもたらす目の疾患


○ 角膜血管新生

コンタクトレンズの長期装用により、酸素不足が続くと、酸素不足を補おうと白目の
血管が角膜に侵入します。


○ 巨大乳頭結膜炎(GPC)

上まぶたの裏側にぶつぶつができるアレルギーの一種です。コンタクトレンズに
付着するタンパク質の汚れに反応することが多いようです。


○ 角膜潰瘍

角膜上皮の障害の重度。細菌やカビが角膜に進入した結果、角膜が白く濁って、
角膜穿孔( 角膜に穴があき、房水が流出する)をおこすこともあります。


○ アカントアメーバ角膜炎

最悪の場合失明してしまうこともある恐い病気。アメーバがコンタクトレンズに
付着して目についたキズから菌が目の中に入り込んで感染します。


滅多なことでは感染しませんが、土を触った手で目をこすった、コンタクトレンズを
つけたまま川や湖沼、プールで泳いだ、レンズのケアや保存に水道水を使うことから
感染するともいわれています。


○ 流行性角結膜炎

ウイルスで感染し、目が充血し、まぶたが腫れ、涙や目やにが出ます。毎日のケアを
怠ったり、汚ない手でコンタクトレンズを扱ったりすると感染するということです。


○ 角膜上皮傷害

角膜上皮がはがれたり、キズがついてしまった状態です。原因として、酸素不足、
ドライアイ、レンズをつけたまま眠った、汚れたレンズを使い続けたなどがあります。

         

関連エントリー

激安コンタクトレンズの罠と定期健診をさぼった人の話 |  メガネでの視力矯正について |  コンタクトレンズについて |  近視の進行と眼鏡・コンタクトレンズの関係 |  ハードコンタクトレンズについて |  ソフトコンタクトレンズについて |  使い捨てコンタクトレンズについて |  カラーコンタクトレンズについて |  コンタクトレンズの正しい使い方 |  コンタクトレンズの間違った使い方 |  コンタクトレンズの都市伝説 |