レーシック 失敗Top >  自宅で視力を回復させる訓練法 >  視力回復トレーニング:目のリラックス

視力回復トレーニング:目のリラックス

目というのは非常に働き者で、眼球運動だけでも1日何万回も行っています。
当然1日の終わりには目の筋肉というのは疲労困憊状態になっています。


何かを見ているという状態はそのまま目を使っているということになるので、たまには
寝るとき以外にも目を閉じて休ませてあげるというのは非常に大切なことです。


視力回復トレーニングの後や、パソコンや読書など目を疲れさせる作業をした後は
できるだけ意識的に疲れた目を労わるということをしてあげなくてはいけません。


■ 目を労わる方法:ホットパック


おしぼりやハンドタオルで目を温めることで、血行を促し疲労を軽減させます。
50〜55℃ぐらいのお湯につけ絞ったものを5分間、目の上に乗せておきます。


■ 目を労わる方法その◆Д▲ぅ好僖奪


おしぼりやハンドタオルで目を冷やすことで、目の周辺の血管を引き締めます。
冷水につけ絞ったものを5分間、目の上に乗せておきます。


ホットパックとアイスパックを交互にやることで目の周辺の細胞への血管の拡大・収縮が
促され効果が倍増されます。是非ともやるようにしてください。


■ 手のひらで目を覆う


両手をこすり、温かくなった手で目を覆います。目が温まると肩や頭まで緊張が取れ、
暗闇のなかで緊張して固くなった目もリラックスできます。


■ 遠くを見る


目は近くを見るときは交感神経が働き、遠くを見るときには副交感神経が働いています。
何もせずにボ−−ッと遠くを眺めるのは目にとって最高のリラックスになります。

         

関連エントリー

モウケン族(モーケン族)の視力:視力は環境で決まるのか? |  視力回復トレーニングとは? |  視力回復トレーニング:遠近トレーニング |  視力回復トレーニング:明暗トレーニング |  視力回復トレーニング:調節機能強化トレーニング |  視力回復トレーニング:寄り目と反り目と立体視 |  視力回復トレーニング:眼球トレーニング |  視力回復トレーニング:目のツボマッサージ |  視力回復トレーニング:目のリラックス |  視力回復トレーニング:心身のリラックス |  視力回復に効く?噂のトレーニング |