レーシック 失敗Top >  話題の視力回復コンタクトレンズ >  オルソケラトロジーについて

オルソケラトロジーについて

オルソケラトロジーは日本ではまだあまり知られていない視力矯正の方法のひとつ
ですが医師の指示通りに正しく扱えば非常に安全で、合併症などもない治療法です。


オルソケラトロジーとは特殊なコンタクトレンズを就寝時に装着することで、角膜の
形を変化させ、視力を矯正して日中は裸眼でも快適に生活できるという治療法です。


オルソケラトロジーの語源はギリシア語の「ortho(矯正)」、「kerato(角膜)」、
「logy(学問)」を組み合わせた「ortho-keratology」という言葉から由来しており、


日本語に直すと「角膜矯正学」という意味で、「角膜を矯正して視力を向上させる」
というオルソケラトロジーの特徴をそのまま表しているといえます。


「就眠時にコンタクトレンズを装着して寝るだけで昼間は裸眼で過ごせる」というのが
何よりこのオルソケラトロジーの画期的なところです。


また、レーシックをはじめとした近視レーザー手術のように角膜やその周辺部位に傷を
つけるということがないため安全で、副作用もほとんどみられないようです。


ただし、オルソケラトロジーはまだまだ歴史が浅いため、長期的な治療データがないため
医師による厳しい適応判断と経過観察が必要とされます。


オルソケラトロジーの安全性や効果というものは医師の間でも注目を浴びており、将来的
に視力矯正の有用な技術になるのではないかと注目されています。

         

関連エントリー

オルソケラトロジーについて |  オルソケラトロジーのメリット・デメリット |  オルソケラトロジーの効果 |  オルソケラトロジーの安全性 |  オルソケラトロジーをおすすめしたい人 |  オルソケラトロジーのクリニック選び |  オルソケラトロジーの適性検査 |  オルソケラトロジーの治療 |  オルソケラトロジー治療後の経過観察 |  オルソケラトロジーとレーシック |