レーシック 失敗Top >  話題の視力回復コンタクトレンズ >  オルソケラトロジーの安全性

オルソケラトロジーの安全性

オルソケラトロジーの解説を見て「寝ているときにコンタクトレンズをはめて大丈夫?」
という疑問をもった方もいると思います。



オルソケラトロジーの治療は「就寝時に特殊はコンタクトレンズにはめる」ということです。


今までコンタクトレンズを装用したことのある人はわかると思いますが、コンタクトレンズ
を装用したまま眠ると目が覚めたときに目が充血していたり、乾燥しているなど非常に
目にとって悪い影響が出ており、衛生的にも最悪です。


ひどいものになると目からコンタクトレンズが剥がれなくなってしまい、眼科医に飛び込む
などという笑えない話もあります。


オルソケラトロジーの治療では酸素透過性を高めたコンタクトレンズを使用することが
基本であり、レンズにはドライアイを防止するために装用時に涙液が溜まるようデザイン
されているなどオルソケラトロジー安全性はアメリカ食品医薬品局で認められています。


訴訟大国のアメリカで100万〜120万人の人がオルソケラトロジーを使用していること
からもその安全性は認められていますが、残念ながら日本の厚生労働省ではまだ
オルソケラトロジーの安全性を認可していません。


オルソケラトロジーによる副作用、合併症としては一般のコンタクトレンズと同じように
不衛生な装用、無理な装用時間により、角膜に傷がつく、炎症を起こすことが報告され
ています。


オルソケラトロジーの扱いは基本的に昼間装用ハードコンタクトレンズと変わりないので
リスクもまた、昼間装用ハードコンタクトレンズと同様のものが考えられます。


オルソケラトロジーによるリスク・合併症を未然に防ぐためにも日々のコンタクトレンズ
のケアをしっかりと行うこと、レンズの装用期限をしっかりと守り、定期検診には必ず通う
ことなどをはじめ、医師からの指導には必ず従うようにしてください。 

         

関連エントリー

オルソケラトロジーについて |  オルソケラトロジーのメリット・デメリット |  オルソケラトロジーの効果 |  オルソケラトロジーの安全性 |  オルソケラトロジーをおすすめしたい人 |  オルソケラトロジーのクリニック選び |  オルソケラトロジーの適性検査 |  オルソケラトロジーの治療 |  オルソケラトロジー治療後の経過観察 |  オルソケラトロジーとレーシック |