レーシック 失敗Top >  話題の視力回復コンタクトレンズ >  オルソケラトロジーの治療

オルソケラトロジーの治療

オルソケラトロジーのテストレンズでその効果を実感することができた場合、そのまま
オルソケラトロジーによる本格的な治療に入っていきます。


本格的にオルソケラトロジーの治療をはじめるにあたって最初に行うのは自分の
角膜の形状にあったコンタクトレンズをオーダーメイドで作成することです。


オルソケラトロジーの効果を100%引き出すためにも患者一人一人の角膜カーブに
フィットしたコンタクトレンズを作成する必要があります。


レンズができあがるまでに1ヶ月前後かかるので、気長に待ちましょう。


クリニックによってはテストレンズ用のものをオーダーメイドができるまでのあいだ、
そのまま貸し出してくれるところもあるようですが、個人的には自分の目にフィット
していないレンズを長期間つけて問題はないのかという疑問があります。


オーダーメイドのデザインレンズができあがれば、簡単なレンズフィッティング検査と
コンタクトレンズの正しい取り扱いを学びます。


視力の出方には個人差があるため、装用を開始してすぐに1.0以上の視力になる人
もいる反面、視力が伸び悩む人もいるので、あせらずじっくりと医師の指示を守り治療
をしていくことが重要になります。

         

関連エントリー

オルソケラトロジーについて |  オルソケラトロジーのメリット・デメリット |  オルソケラトロジーの効果 |  オルソケラトロジーの安全性 |  オルソケラトロジーをおすすめしたい人 |  オルソケラトロジーのクリニック選び |  オルソケラトロジーの適性検査 |  オルソケラトロジーの治療 |  オルソケラトロジー治療後の経過観察 |  オルソケラトロジーとレーシック |