レーシック 失敗Top >  話題の視力回復コンタクトレンズ >  オルソケラトロジー治療後の経過観察

オルソケラトロジー治療後の経過観察

オルソケラトロジーをはじめると数ヶ月おきに経過観察のための検査を受けます。


オルソケラトロジーによる視力矯正の効果が狙ったようにでているか、でていないか
患者は指示通りコンタクトレンズを使っているか、副作用、合併症はでていないかの
チェックを定期的に行います。


定期検診の頻度はクリニックによってさまざまで、3ヶ月おきのところもあれば半年に
一度というところもありますが、いずれにせよ定期検診は必ず通うようにします。


オルソケラトロジーによる視力矯正の効果の目安は個人差はありますが、一般的に
半年ぐらいでひと通りの効果はでるといわれています。


角膜に柔軟性がある場合は半年も装用を続けていると週に2〜3回レンズを装着する
だけで起きている間はしっかりと視力が出る人もいます。


強度近視でオルソケラトロジーの治療を受ける場合は段階を踏んで治療が行われる
ことが多く、第一段階では視力0.1が目標、次に0.6、最後に1.0を目指すといった
形をとり、各段階でオーダーメイドのレンズを作成して徐々に屈折率を調整していきます。


段階を踏んでオルソケラトロジー治療を受ける場合、その都度レンズを新たに作成する
ので、その分お金がかかり費用はかさむのが難点です。


段階ごとにレンズを変える必要があるのは、一枚のオルソケラトロジー用のレンズでは
デザイン的に視力矯正効果に限界があるためです。


オルソケラトロジーの治療は人によっては長くかかることもありますので、辛抱強く根気
よくつきあっていくことが大切です。

         

関連エントリー

オルソケラトロジーについて |  オルソケラトロジーのメリット・デメリット |  オルソケラトロジーの効果 |  オルソケラトロジーの安全性 |  オルソケラトロジーをおすすめしたい人 |  オルソケラトロジーのクリニック選び |  オルソケラトロジーの適性検査 |  オルソケラトロジーの治療 |  オルソケラトロジー治療後の経過観察 |  オルソケラトロジーとレーシック |